忍者ブログ
「FXを始めたけど、チャートの見方やエントリータイミングがよく分からない!o(TωT )」★★★  そんなあなたに、人には聞きにくい細々としたこと、FX投資の基本中の基本を実体験そのままに伝授致します。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ピボット水準
ピボット水準はご存知でしょうか?

買われ過ぎ、売られ過ぎを示すインディケーターは多々ありますが、価格の値動き幅でそれを判断しようというのがピボット水準です。まずは画像を見てもらいましょう。

ピボット水準

 









上段がポンド円5分足、下段がポンド円15分足です。カラフルな点線のレベルがピボットラインですね。

ピボットは日足、週足、月足レベルで計算することが基本です。
前日の高値安値終値の平均レベルを出したのが「Daily Pivot」、先週中の平均レベルが「Weekly Pivot」というように表示され、それぞれに対して

  R1+(高値-安値)   =R(レジスタンス)3
ピボット+(高値-安値)=R(レジスタンス)2
2×ピボット-安値    =R(レジスタンス)1

  2×ピボット-高値    =S(サポート)1
ピボット-(高値-安値)=S(サポート)2
S1-(高値-安値)   =S(サポート)3

が設定されるという具合です。

 S1やR1では『反転の可能性あり、要注意』、S2やR2では『売られ過ぎ、買われ過ぎ!反転のタイミング』、そしてS3やR3は『まれにみる行き過ぎ!』というように判断します。
そして、これらはサポート/レジスタンスのラインとしてもかなり機能します。

 画像は昨日のものですが、15:30頃に「Daily S3」を超えてきました。
まさか、ここまで下げてくるとは思いませんでしたが、大勢でもポンドは弱く、下げるのもうなずける展開ではありました。
しかし、これはさすがに売られ過ぎだろうと傍観していると、程なく反転して、ずーっと上昇し続け、昨日の下げ分を全て解消するレベルまで戻っています。
 

 つまり世界中で見ている人の多いピボットレベルなので、S3レベルを買い場だと判断していた人が非常に多かったということのようですね。

 最後に。
画像のインディケーターは[AutoPivotIndicator.mq4]を使っています。これは自動的にピボットレベルを表示してくれる優れモノですが、ある時間(未確認)で一斉に更新してしまうので、昨日のレベルを確認しようと思っても見ることはできませんのでご注意ください。
 

このピボットを意識するのもしないのもあなた次第ですが、興味を持ってもらえれば、さらにトレードが確かなものになるのではと思います。
PR
ダイバージェンス
ダイバージェンスはご存知ですか?

 みなさんも使っていらっしゃるメジャーインディケーター(テクニカル指標のことです)のMACDは

" Moving Average Convergence Divergence "の略で、『移動平均収束拡散(発散)法』と訳されます。

 ということで、ダイバージェンス=拡散又は発散、となるのですが、これでは意味がよく分かりません。辞書で調べますと、ピッタリとくる訳が載ってました。『相違』です。

 そして、MACDの見方の一つが【ダイバージェンス】なんです。

早速、画像をご覧下さい。

ダイバージェンスの解説画像


 これは先ほどキャプチャーしたばかりのドル円の日足チャートです。

 過去の方から説明しますので、緑色のラインを目で追ってください。

 まず、チャートでは高値を更新しています。ところが同時期、MACDは高値を更新できません。

 その後、チャートは急落。ラインあたりでも安値を更新しました。ところが同時期、MACDは安値を更新できません。

 その後、チャートは上昇。ラインあたりでも直近の高値を更新しました。ところが同時期、MACDは高値を更新できませんでした。

 そして、現在に至るまで下落を続けています。

 つまり、MACDの山谷がチャートの山谷と一致しない(相違)とき、その後のチャートの行方を示唆していることになるのです!反転時が分かるなんて、凄いと思いませんか?

 ただし、絶対というわけではありませんので、その可能性に備えてエントリーを慎重に行なう、というような使い方をしてくださいね。

 ダイバージェンスはRSIやRCIなどでも確認することができます。色々調べてみてください!
エントリーするロウソク足の見方
エントリー直後から利益が出始めれば、気が楽になりますし、多少反転してきたとしてもしばらくは我慢できますね。

通貨ペアの価格変動から利益を得るスキャルピング・トレードでは、取っ掛かりからプラスになるタイミングでエントリーすることがとても重要になります。

そのためには『トレンドに乗る』ことですね。ただし、トレンドが出始めたからと言って、反転(押し目や戻り)は大なり小なり避けられません。

初心者が陥りやすい失敗は、『大きく動き始めたのを見て、飛び乗ってしまう』ことなんです。ご経験がありますよね?途端に反転して、痛い目にあった……なんて。

そのような動きがどのようなシステムで起きているか、については後日お話しますが、
この回では『入っていいポイントなのかどうか』をロウソク足から判断する方法を伝授します。



まずは、『もみ合い (=レンジ、ボックス)』ですね。○の中がそうです。
この場合は激しく上昇し下降し、陽線と陰線が交互に現れています。結果的には下落のブレイクとなりましたが、初心者はエントリーしない方が無難な流れです。

基本的には、レンジはいずれどちらかに大きくブレイクすることになるので、エントリーポイントとしては正しいです。

ですが、画像のように大きく上下している場合はプロのせめぎ合いになっている可能性が高いですから、どちらへブレイクするかを読むのは非常に難しいのです。ブレイクを見届けてから乗るのが最適です。ただし、私は見送ります。このような激しい動きの後では、意地になったプロが逆張りしてる可能性(さらなる波乱……)もありますからね。



同様に、矢印のところのような長~いヒゲ付きのロウソクが出現がした際も注意です!
基本的に長いヒゲは出た方の負け(今回なら買い側の負け)を示しており、その後の下落を示唆していることになります。実際に一度下落しました。

ところがその後を見てください。どーんと急上昇!しかもその直後に急落下です!
これを乗りこなせる方でしたら、すでにプロの領域の腕前だと言えます。素人は見送るのが無難な展開だと判断しましょう。チャンスはまた来ますからね。



最後に紹介するのが、最高のエントリーチャンスの画像です。
押し目を何度も迎えつつも、陽線は陽線でまとまり、陰線は陰線でまとまっています。
このようにはっきりと色分けされてロウソク足が表示されるような局面こそ、素人でも勝てるエントリータイミングとなります。

結論としては、同色でまとまったロウソク足を生産している通貨ペアこそ取引に最適であり、一本ごとにロウソク足の色が変わるような局面を迎えた通貨ペアは見送るのが賢明だと言えます。

ご参考にして下さい。
カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
会社選びに迷ったらここ!

年間取引高No1の安心。 しかもスプレッドが1銭!
最新CM

[12/09 FX京太郎]
[11/13 FX Master]
[11/11 スワップ金利でFX by スワップ長官]
[11/11 FXエンジェルの休暇]
プロフィール

HN:
たかC
年齢:
47
HP:
性別:
男性
誕生日:
1969/11/18
職業:
しがない会社員
趣味:
夢と栄光を実現する
自己紹介:
情報が氾濫していてどれを信じていいのか分からない?
ご自身の経験と照らし合わせて判断しましょう!
このブログでいい加減な情報は一切ありませんよ!
ブログ内検索

カウンター

お天気情報

ブログの評価 ブログレーダー

フリーエリア

お金を出してでも勝てる投資マニュアルが欲しいという方! こちらから検索できます!
           
バーコード